絵を描くことに ”答えはない”

未分類

みなさん、こんばんは。

スマイルソウルランチャーKURARAです。

今日はいきなりですが・・

わたしが何故、絵を描くのか?好きなのか?

をここに書きたいと思います。

その理由は、3つあります。

まず1つ目

「誰か喜んでくれるから」

絵を描いて、嬉しい。ありがとう。

そう言ってもらえることに喜びを感じ

感動の味がたまらなく美味しかったからです。

わたしは人より

承認欲求が強いのかもしれません。

必要とされたい。

認められたい。

それが絵を描くことで満たされるのです。

2つ目。

「パッションを表現したい」

わたしの中には、いろんな温度の情熱があります。

マグマのように煮えたぎる熱いもの。

氷のように冷たくどこか悲しいもの。

それらを言葉にすることがわたしは苦手です。

自分の感情を言葉にすることが苦手なのです。

でも、伝えたい!!!!

共有したい!!!

って言うわがままな感情があり

それを可能にするのがわたしにとって

「絵を描くこと」

3つ目

「絵に答えがないから」

私は、数学が苦手です。

理由は、答えが一つしかないからです。

その一つしかない答えを求めることが苦手なのです。

答えは、無限にある。人の想いや愛

それらで、変わるものがあると

ひねくれた考え方があるのです。

決められた公式しかないけれど

それを当てはめることが苦手なのです。

絵は、「答えがない」

そこの人の数だけの伝えたい「想い」「messes」が溢れ

また、人の数だけ受け取る「想い」「messes」があると思うから。

そこのロマンを感じる

そこに不器用な完璧ではない「人間」を感じるのです。

だから、「絵がすき」

絵が上手いとか下手とか

それは、その人が勝手に決めた価値観。

絵の本来の面白さや意味は

心を形にしたものだと思う。言葉を形にしたものだと思う。

だから、一人一人話す言葉や表現が違うように

絵も、上手い下手ではなく

描き方表現が違うだけ。

そこに、答えもない。自由なのだ!!

誰かと比べるのではなく自分の心にある描きたいもの

それらを偽ってないか?かが大切だと思うのだ。

わたしは「大人」こそ

絵を描くべきだと思う。

いろんなん経験して、

うまく生きていこうと

自分の心をごまかしてしまっている大人たちに。

何にも縛られず

あるものをそのまま。

めちゃくちゃスッキリする。

自分が自由でいいんだ!!と自分を抱きしめたくなる

爽快感。開放感。

込み上げてくると思うから。

白い紙。クレヨン。

込み上げるものを描いてみよう。

あなたのままで。

童心を思い出して。

絵を描き出した大人たちは

とても無邪気で美しい。

さあ、一緒にクレヨンを握ろう。

オススメは、サクラクレパス。

スーパーでも手に入る一番身近なアイテム。

今日もあなたを愛しています。

サクラクレパス SAKURA CRAY-PAS クレパス 太巻 16色 セット 紙箱入り ゴムヒモ付 文具 文房具 入学準備 子供 LP16R価格:427円
(2021/5/17 16:37時点)
感想(12件)